ITパスポート 就職活動

「就職に有利な資格を取りたいけれど、ITパスポートは取る価値あるのかな?」
そんな風に悩んでいる学生の方は意外と多いのでは。

そこで ITパスポートが本当に就職活動には役に立たないのかどうか、Web制作会社で採用担当をしていた私の経験も少し交えながらご紹介していきます。

ITパスポートは就職活動に有利?

ITパスポート 就職活動2

ITパスポートを新卒採用活動(エントリーシート)や社員研修に活用している企業は数多くあります。

それだけITパスポートで学ぶことが、社会人として身につけておきたい知識が詰まっているからです。
そのような企業の採用担当者からすれば、資格をもっていることで高評価を得られることは間違いありません。

エントリーシートにITパスポートを活用している企業(抜粋)
・Canon
・KDDI株式会社
・NEC
・パナソニック
・HITACHI
・富士通
他多数
エントリーシートや社内研修に活用している企業をもっと知りたい

 

ただしどんな資格にもいえることですが、この資格を持っていれば採用に絶対有利という資格は存在しません。
面接官が履歴書の資格欄を通して知りたいことは、応募者が持っているスキルは何かということ。

 

そして、応募者が「なぜその資格を取ったのか」「その勉強をしてこれから何をしたいのか」ということを知りたいのです。
要はその人の「やる気や仕事に対する姿勢」といったものを履歴書から読み取ろうとしています。

 

例えば面接官から「なぜこの資格を取ったのか」という質問を受けることがあります。
その時にしっかりと自分の考えや意気込みを伝えられるかどうかが大切です。

mosとITパスポート、どちらが就職活動に有利?

ITパスポート 就職

就職活動をしている学生から「mosとITパスポートのどちらを取っておいた方がよいですか?」と聞かれることがあります。

 

おそらくパソコンに関係する資格を取っておいた方がよいか悩んでいるのだと思いますが、この2つの資格は全く内容が異なります。

mosはWordやExcelのスキルを問われる試験であり、ITパスポートは経営全般からIT管理、IT技術の基礎知識を問われる試験です。

 

どちらの資格が就職に有利というのは難しいところですが、事務系の職種を希望しているのであればmos、それ以外であればITパスポートを取得すると良いと思います。

 

ただ、mosは難易度が低いせいか取得している人が多く、履歴書に記入してあってもさほど目に留まりません。

就職活動は面接官に印象を残すことも大切なので、そういう意味ではITパスポートの方がアピールできる要素は高いと思います。

IT企業に就職したいけどITパスポートをとっても無駄?

IT企業

「IT企業に就職をしたいのですが、ITパスポートを取得しても意味がないのでしょうか?」

 

知恵袋などでもよく見かける質問ですが、確かにIT企業に就職したいならばITパスポートの上位資格である「基本情報技術者試験」は持っていたいところです。

 

ただしそれはあくまで技術面の話。

 

そもそもITパスポートはITを使う側の資格であり、基本情報技術者以上の試験は作る側(開発者)の資格でこの二つの資格から学べる内容は全く異なっています。

 

仕事をする上でよく感じるのですが、作る側の視点だけではどうしても考え方に偏りが出てくることがあります。

私が職場で一緒に働く仲間を見ていても、仕事ができる人は技術面はもちろんのことビジネス全体を俯瞰してみる力を持っています。

技術が優れた人はたくさんいても、そういう大きな視点をもって仕事ができる人は意外と少ないものなんです。

 

そういった幅広い視野を持つためのビジネスやITの基礎知識を学べるのがITパスポートです。

ですから個人的には「ITパスポート」から段階をふんで「基本情報技術者試験」、その上の試験という流れで勉強していくことをおすすめします。

銀行に就職したいのでITパスポートを取りたい

銀行に就職したい

銀行の仕事の大部分はITを使って行われます。
そのためITに関する基礎知識を持っていることは、銀行で働く上ではかなり重要だと考えられています。

 

例えば三井住友銀行では、「資格取得支援制度」の対象資格にITパスポートがあり、従業員に積極的に資格取得を奨励しています。

もし銀行に就職したいと考えているのであれば、ITパスポートの資格は取っておくことをおすすめします。

ITパスポートは履歴書に書いても意味がない?

履歴書にITパスポートは書けない?

ITパスポートの資格は就職に役に立たなそうだから、履歴書に書いても意味がないのではないか」
そんな不安を持っている方も多いようです。

 

確かにIT企業の面接で、情報処理を学んでいる学生がITパスポートの資格しか持っていなければ、あまり印象はよくないのは事実です。

そういう方はITパスポートを一つの足掛かりとして、さらに上位資格を取得しておいた方が良いでしょう。

 

それ以外の学生で一般企業に就職を希望している場合、履歴書欄に国家資格として記入できること、IT系の基礎知識は持っているとアピールできることを考えれば取っておいて意味がないということは決してありません。

 

ちなみに沢山の履歴書を見ていると、資格を取っていてもそこに一貫性がないなと思うことがよくあります。

「どんな資格でも良いから、とりあえず就活に役立ちそうな資格を手あたり次第取ったんだろうな」と感じてしまうことが多いのです。

 

採用側からすれば応募者が自分の会社とは関係ない資格を持っていても、あまり興味がわきません。

しかし「IT」を使わない仕事はこの時代ほとんどありませんよね。

そういう意味でITパスポートの資格は、どんな企業に提出する履歴書にも書きやすい資格の一つなのではないかと思います。

就職してから役立つ資格がITパスポート

内定が決まったら・・・

「内定が決まったので、入社までに何か勉強したい」
そんな方にこそITパスポートの勉強をしておいてほしいと思います。

 

ITパスポートは、ITに関する知識はもちろんのこと、会社はどのように利益を生み出しているのかといったビジネスの基礎知識を学ぶことができます。

しかも、ビジネス用語やIT用語を知っておくことで、早い段階から仕事というものはどういうものなのかを理解することができます。

 

IT企業は特にそうだと思いますが、入社してからしばらくは仕事で使われるIT用語やビジネス用語が全く分からずにかなり苦労するもの。

会社で飛び交っている話が全く理解できないということも多々あります。

入社前の余裕のある時期に資格を取っておくことで、スムーズに仕事を覚えていくことができるでしょう。